FC2ブログ
こんばんわ。性別が迷子です。ひよこプログラマです。

ステージの情報をxmlで保存することにしたので、xmlの読み込みについて奮闘していました。

XNAでxmlを使う方法は結構いっぱいあるんだけど、ここではややっこしい事はしないで、多分一番シンプルであろうと思われる方法を扱います。

xnbにコンパイルしたりはしないで、xmlのまんま使います。

このとき、あることに注意しないと、ソリューションを発行し、インストールして使った時にxmlが読み込まれません。発行したプログラムの中にxmlが含まれない可能性があるからです。

ちゃんとxmlを含むには、対象のxmlファイルのプロパティを次のように変更します。
xmlprop

xmlを扱うコードの実装は、次の記事が参考になります。
http://support.microsoft.com/kb/301101/ja
”[HOW TO] XmlDocument クラスを使用して XML を読み込み、使用する方法”

XmlNodeクラスの使い方についてそんなに詳しく触れられていないので、再帰に慣れてないと上の記事がさっぱりってこともあると思うので、そこだけちょっと解説します。これは、名前の通り一つのXMLのノードを表すクラスです。
XmlNodeをつかってxmlの中を自由に動き回るには、メンバのFirstChildとNextSiblingが分かっていれば大丈夫です
●FirstChild:子のノードで一番初めのもの。
●NextSilbling:隣にいるノード。同じ親をもつ兄弟。
節の下(子)に移動するには、FirstChildを参照すればよく、節の隣(兄弟)に移動するには、NextSilblingを参照すればいいわけです。FirstChildで参照できるノードを長男だとすると、次男・三男を参照するには、一度長男をFirstChildで参照し、長男からNextSilbingで次男・三男と順番に参照すればいいのです。

ノードの情報を見るには、NameとValueを参照します。
●Name:タグの名前です。
●Value:タグの中の要素です。
例えば、ノードが
<p>hoge</p>
であれば、Nameには"p",Valueには"hoge"が入っています。



スポンサーサイト



こんばんわ。性別が迷子です。ひよこプログラマです。

今までプログラマがこのブログを更新することはなかったのですが、これからちょくちょく、ゲームプログラミングについてのひよこの奮闘をここに記録させてもらおうと思います。

扱う内容はたぶんこんな感じの雰囲気↓
●XNA Game Studio
●C#
●3DCG
●アクションゲーム

私たちがゲームプログラミングについて苦しみもがいた記録が、ここを通りかかった誰かの手助けになれば幸いです。